アトピーの知識について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】アトピーの知識について

アトピー性皮膚炎と汗

夏、気温も上がり過ごしにくい時期になります。こんなときに、汗をダラダラとかいてしまうと痒みが出て、暑さと痒さで、ストレスも溜まります。
身体には、なぜ汗をかくような仕組みがあるのでしょうか?

1.汗のはたらきとは?

 本来、汗には、皮脂とともに、皮膚表面をラップのように覆い、細菌・花粉・ほこりなどの刺激を防いだり、細菌の感染・増殖を抑える働きがあります。また、汗をかく事で、身体の余分な熱や老廃物を排泄する働きもあります。風邪で熱がある時には、体内の過剰な熱を汗とともに外に出すことで体温の調節をします。

 

2.汗をかくと痒くなるのは?

 汗により痒みを引き起こす原因は2つあります。1つ目は、汗に含まれる成分が、刺激性の成分に変化し、皮膚を刺激するために痒くなります。あせもも同じ原因と考えられます。2つ目は、多量の汗が皮膚表面にある皮脂膜を洗い流したために、外からの刺激を受けやすくなり痒くなります。
 どちらの場合でも適切なケアを行うことで、汗による痒みを軽減、抑制することが出来ます。ご自宅ではシャワーやお風呂で汗を洗い流し、皮膚を清潔に保ちましょう。入浴後の乾燥が気になる場合には、水分が逃げないように薄くクリームを塗ります。外出先ではタオルでこまめに汗を拭き取るようにしましょう。

 

3.適度に汗をかく事はとっても大切!

 汗を適度にかく事で、皮膚表面も身体の中も、健康的に保つことが出来ます。日常生活で注意することは、冷房の効いている場所に長時間いたり、運動不足が続いたりする事で、身体が汗をかきにくくなり、皮膚に余分な熱がこもりがちな体質になることです。
 自然に発汗ができるような環境作りを心掛けましょう。冷房の設定温度を下げ過ぎないようにする事、或いは、上着を1枚羽織り身体が冷えすぎないようにしましょう。また、散歩などで軽く汗を流すのも良いでしょう。


適度に汗をかく習慣を持ち、発汗の際の適切なケアを行い、キレイで、健やかなお膚作りを目指しましょう。

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~17:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.