アトピーの知識について

漢方薬局|アトピー 脱ステロイド 不妊|アトピーの知識について|漢方薬舗しおみの杜 東京都 銀座

アトピー性皮膚炎と汗

夏、気温も上がり過ごしにくい時期になります。こんなときに、汗をダラダラとかいてしまうと痒みが出て、暑さと痒さで、ストレスも溜まります。
身体には、なぜ汗をかくような仕組みがあるのでしょうか?

1.汗のはたらきとは?

 本来、汗には、皮脂とともに、皮膚表面をラップのように覆い、細菌・花粉・ほこりなどの刺激を防いだり、細菌の感染・増殖を抑える働きがあります。また、汗をかく事で、身体の余分な熱や老廃物を排泄する働きもあります。風邪で熱がある時には、体内の過剰な熱を汗とともに外に出すことで体温の調節をします。

 

2.汗をかくと痒くなるのは?

 汗により痒みを引き起こす原因は2つあります。1つ目は、汗に含まれる成分が、刺激性の成分に変化し、皮膚を刺激するために痒くなります。あせもも同じ原因と考えられます。2つ目は、多量の汗が皮膚表面にある皮脂膜を洗い流したために、外からの刺激を受けやすくなり痒くなります。
 どちらの場合でも適切なケアを行うことで、汗による痒みを軽減、抑制することが出来ます。ご自宅ではシャワーやお風呂で汗を洗い流し、皮膚を清潔に保ちましょう。入浴後の乾燥が気になる場合には、水分が逃げないように薄くクリームを塗ります。外出先ではタオルでこまめに汗を拭き取るようにしましょう。

 

3.適度に汗をかく事はとっても大切!

 汗を適度にかく事で、皮膚表面も身体の中も、健康的に保つことが出来ます。日常生活で注意することは、冷房の効いている場所に長時間いたり、運動不足が続いたりする事で、身体が汗をかきにくくなり、皮膚に余分な熱がこもりがちな体質になることです。
 自然に発汗ができるような環境作りを心掛けましょう。冷房の設定温度を下げ過ぎないようにする事、或いは、上着を1枚羽織り身体が冷えすぎないようにしましょう。また、散歩などで軽く汗を流すのも良いでしょう。


適度に汗をかく習慣を持ち、発汗の際の適切なケアを行い、キレイで、健やかなお膚作りを目指しましょう。

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~17:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

メールでのご相談はこち

漢方全般の相談はこちら

  • リスブラン他取り扱い しおみの杜ネットショップ
  • 漢方薬舗しおみの杜のfacebook
  • しおみの杜スタッフ募集中!!
  • 脱ステロイド 私のアトピー改善日記
  • 大高酵素を銀座で試飲
  • アトピーと向き合うためのコミュニティ
  • 地域情報誌「Ginza Net Times」(2010.4月号)『しおみの杜』が掲載されました。

ブランド Pick up !

リスブラン

リスブラン化粧品とは

リスブランは画期的な水のシステムPWS(パン・ウォーター・システム)の導入と、添加物を原則として配合しない成分構成により、敏感肌の方や赤ちゃんでも安心してお使い頂ける化粧品ブランドです。
リスブランのPWS水は、生体水に限りなく近く、組織への浸透性に優れ、皮膚が本来持っている様々な機能を引き出し、健康なお肌に導きます。

漢方全般の相談、アトピー、脱ステロイドは漢方薬舗しおみの杜(中央区銀座)へ

漢方薬舗しおみの杜│中央区銀座

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.