アトピーの知識について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】アトピーの知識について

アトピーのステロイド、どんな種類があるの?

ステロイドにはどのような種類があるのでしょうか?

アトピー性皮膚炎に使われるステロイド外用剤は、血管収縮作用の強弱でランクが分けられます。ランクが強いものほど、局所抗炎症効果が高く、それに伴い副作用も強く出やすいとされています。ランク別に分けると次の表のようになります。 

<ステロイドランク表>
 

商品名

成分名
最も強い
(Ⅰ類)
Strongest
デルモベート


ジフラール、ダイアコート
クロベタゾールプロピオン酸エステル(0.05%)

ジフロラゾン酢酸エステル(0.05%)
かなり強い
(Ⅱ類)
Very strong
フルメタ


アンテベート

トプシム

リンデロンDP


マイザー

ビスダーム

ネリゾナ、テクスメテン

パンデル
モメタゾンエステルフランカルボン酸(0.1%)

酪酸プロピオン酸ベタメタゾン(0.05%)

フルオシノニド(0.05%)

ベタメタゾンジプロピオン酸エステル(0.064%)

ジフルプレドナート(0.05%)

アムシノニド(0.1%)

吉草酸ジフルコルトロン(0.1%)

酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン(0.1%)
強い
(Ⅲ類)
Strong
エクラー

メサデルム

ザルックス、ボアラ

アドコルチン

リンデロンV、ベトネベート

プロパデルム


フルコート
デプロドンプロピオン酸エステル(0.3%)

プロピオン酸デキサメタゾン(0.1%)

デキサメタゾン吉草酸エステル(0.12%)

ハルシノニド(0.1%)

ベタメタゾン吉草酸エステル(0.12%)

ベクロメタゾンプロピオン酸エステル(0.025%)

フルオシノロンアセトニド(0.025%)
中等度
(Ⅳ類)
Medium
リドメックス

ケナコルトA、レダコート

アルメタ


キンダベート

ロコイド

オイラゾン、グリメサゾン
吉草酸酢酸プレドニゾロン(0.3%)

トリアムシノロンアセトニド(0.1%)

アルクロメタゾンプロピオン酸エステル(0.1%)

クロベタゾン酪酸エステル(0.05%)

ヒドロコルチゾン酪酸エステル(0.1%)

デキサメタゾン(0.1%)
弱い
(Ⅴ類)
Week
プレドニゾロン
プレドニゾロン(0.5%)
  ※アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより引用、2009年4月現在。

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~17:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.