食事療法について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】食事療法について

動物性脂肪とアトピー

なぜ、肉類や乳製品などを代表とする動物性脂肪がアトピーに良くないのでしょうか?
実際には、どのようなものに含まれていて、どんな食事を心掛けると良いかご説明いたします。

1.動物性脂肪を摂るとどうなる?

牛や豚・鶏などの脂肪分は、凝固点(液体が固体になる温度)が高いため、動物よりも体温の低い人間の体内では冷えて固まってしまいます。固まった脂肪分は血管に付着して血の流れが悪くなります。
老廃物は体内に溜まり、肌に必要な栄養も運ばれなくなります。そのため、肌から老廃物を出そうとしてブツブツが見られたり、丈夫な肌が作られずカサカサ乾燥したりします。つまり、動物性脂肪分によりアトピーの症状が肌に現れる点から摂り過ぎは良くないと言われているのです。

2.どんな食べ物に注意するの?

動物性脂肪分は、肉類や乳製品のほかに様々な食べ物に含まれています。バター・生クリーム・マーガリン・ショートニングなどを材料にしているものに注意しましょう。これらは、菓子パンや洋菓子(糖分も多いので、要注意)・スナック菓子・インスタント食品・レトルト食品などに使われています。

3.どのような食事が良い?

牛や豚・鶏にくらべて魚は体温が低く、不飽和脂肪酸の割合が多く、人間の体内でもサラサラとしています。良質なたんぱく質やカルシウムなどのミネラルも含んでいるので、肉類から魚に切り替えることをオススメいたします。小あじ・ししゃも・しらすなど丸ごと食べられる魚を積極的に摂りましょう。どうしても肉類を食べたくなったときは、脂の少ない部位を選び、脂肪はなるべく摂らないようにしてください。

 <脂の少ない部位>
 牛・豚 もも・肩・ヒレ
 鶏   ささみ・胸・もも(皮なし)

 

ブツブツや乾燥が気になったら、動物性脂肪を摂り過ぎていないかチェックして食生活を見直しましょう。

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~19:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.