アトピーの知識について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】アトピーの知識について

アトピー性皮膚炎の今

1.アトピー性皮膚炎の定義

~痒みの伴う湿疹を持つ症状が現れる皮膚の炎症~

「増悪(悪くなったり)、寛解(良くなったり)を繰り返す、そう痒(痒み)のある湿疹を主症状とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ」と日本皮膚科学会においてアトピー性皮膚炎が定義されています。アトピー性素因とはアレルギーを起こしやすい体質を指します。

[1] 家族歴、既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎など)
[2] IgE抗体を産生しやすい体質の人。

2.アトピー性皮膚炎の現況

~生活環境、食生活が影響~

アトピー性皮膚炎の患者数は、過去数十年、増加の一途をたどっています。厚生労働省の調査によれば、38.4万人(平成17年10月)に至っています。従来、患者の約8割は5歳までの幼児期に発症し、学童期に自然治癒すると考えられていましたが、最近は成人まで持ち越す例や成人してからの発症・再発の例が近年増加しています。原因としては生活環境、食生活の乱れなどが上げられています。

3.アトピー性皮膚炎の体質

~免疫異常、皮膚機能の異常~

アトピー素因を持つ人では、免疫機能の異常が原因と考えられます。しかし、アレルギー素因を持たない人でも、アトピー性皮膚炎を発症することもあります。それは、皮膚機能の異常であり、アトピー性皮膚炎の患者の多くは、乾燥しややすい肌質(乾燥肌)のため皮膚の機能が低下して、異物(アレルゲン)が侵入すやい状態になっていると考えられます。

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~17:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.