アトピーの知識について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】アトピーの知識について

脱ステロイド中の口の渇きについて

脱ステロイドを始めた頃、肌は赤く腫れ、ジュクジュクします。身体はとても熱く感じるようになり、口が異常に乾くようになります。脱ステロイド中は、1日に摂取する水分量にも注意が必要です。

1.水分を摂りすぎるとどうなるか?

脱ステロイド中は、しばしば口の渇きがみられるようになります。しかし、水分を多く取ってしまうと、腫れやジュクジュク、痛みや痒みが酷くなることがあります。身体のだるさや食欲低下、睡眠不足などがみられることもあるので、水分は摂りすぎないようにしなくてはいけません。

2.1日に摂りたい水分量は?

ステロイド離脱中は、食事以外で1.0~1.5Lが理想的な水分量となります。このときの食事は、1日3食和食中心の食生活をされている場合を指します。和食は、味噌汁など水分を含んだものが多いので、1.0~1.5L程の水分量で充分といえます。

3.夜、水分を摂るときの注意点は?

就寝中は身体が横になっているため、朝起きたときに顔や下半身にむくみがでやすくなります。そこで、水分は寝る3時間前までに摂るようにしましょう。ステロイドを止めて顔が赤くなっている方は、腫れやすくなるので特に気をつけてください。

4.どうしても口の渇きが気になるときは?

口の渇きは、身体の内部に熱がこもっていることが原因と考えられます。そこで、「白虎加人参湯」や「竜胆寫肝湯」などの漢方薬を用いて口の渇きを和らげます。

 

少し口が渇く程度に水分を摂って、1日に摂取する水分量が1.0~1.5Lくらいになるようにしましょう♪

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~17:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.