食事療法について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】食事療法について

脂漏性湿疹の原因は食事?

頭皮や生え際などの頭を中心にフケのようなものがポロポロと落ちる脂漏性湿疹。中医学で脂漏性湿疹は、胃腸にこもった熱に原因があると考えられることがあります。辛いものや脂の多い肉類・揚げ物など摂り過ぎていませんか?

1.避けたほうがよい食材・食べるとよい食材

辛いものや刺激物・肉類・揚げ物などは、身体に熱を生みやすい食べ物です。その他にお酒や加工食品などもあります。これらを食べる機会が多ければ、胃腸や身体全体に熱を持つようになります。するとニキビや肌が赤くなりやすく、便秘になったり、喉が渇きやすかったりします。べとつくような汗をかく場合もあります。また、さしみなどの生ものは食べるときは冷たいですが、時間が経つと胃腸で熱に変わってしまいます。
脂漏性湿疹の方は、身体を温めない食材を取り入れるようにします。野菜や貝類、海藻類がオススメの食材となりますので、毎日たっぷり摂りましょう。

※避けたい食材(熱を生みやすいもの)
肉類、香辛料、燻製類、刺身、甘いものなど

※オススメの食材(熱を冷ましてくれるもの)
きゅうり、トマト、ナス、貝類(アサリやしじみなど)、海草類(ワカメ・ヒジキなど)

2.皮脂の材料となる食材に注意

脂漏性湿疹では、分泌された皮脂が分解して生まれた遊離脂肪酸が原因と言われています。つまり皮脂の材料となる脂をどんなものから摂るかも大切です。

※摂取量を控えたいもの
リノール酸を含む植物油(大豆油、コーン油、ヒマワリ油、綿実油、ゴマ油など)、バター、チーズ、卵、肉の脂身など

※多く摂取したいもの
青魚類に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)、しそ油(えごま油)、アマニ油、および野菜、海草、貝など

 

熱がこもった胃腸はうまく働かず、皮膚に栄養が行き届かなくなり、肌トラブルが生じやすくなります。辛いもの・肉類・揚げ物・お酒・加工食品などの摂り過ぎに注意して身体を温めすぎないようにしましょう。

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~19:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.