皮膚の知識について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】皮膚の知識について

アトピー性皮膚炎の色素沈着

1.シミが出来るメカニズム

紫外線を浴びると、色素形成細胞(メラノサイト)が刺激を受け、メラニン色素を作り出します。これは肌の色を褐色化して紫外線を吸収し、体内に紫外線を透過させない仕組みであり、DNAの損傷を防ぐ働きがあります。通常はターンオーバーによって肌から剥がれ落ちますが、大量にメラニンが生成したりターンオーバーが十分な時間をかけて行われない場合にはメラニンが皮膚に残り、色素沈着、シミ、黒ずみになります。

2.メラニンが増える原因は?

メラニンが増える原因としてはやはり、紫外線の影響が大きいです。また、ホルモンバランスの崩れも挙げられています。女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの分泌が上昇し、バランスが崩れると、一時的にメラニンの生成が促進されることがあります。ですから、妊娠してシミが増えることもあります。ストレスはホルモンバランスを崩す原因にもなり、色素細胞へ影響を与え、シミが増えることもあります。ほかに、化粧品や植物などによる皮膚炎や、下着やナイロンタオルなどの摩擦によって肌が黒ずむことがあります。それも、色素沈着です。

3.アトピー性皮膚炎の場合

ステロイドは皮膚の色素産生を抑える作用があるため、本来なら肌は白くなるはずです。しかし、皮膚で炎症が起きた後に色素沈着が見られ黒くなることがあり、ステロイドを塗る場所と炎症を起こしている部分は一致するるためステロイドのせいで黒くなっていると勘違いされやすいのです。炎症部では、角質層が強引に無くなったり、一気に失ったりするため角層を生み出す表皮細胞は働きっぱなしの状態になります。それと同時に色素細胞もメラニンを生成し続けるようになるため色素沈着が起こると言われています。

4.中医学の考え

色素沈着を起こす原因として血の流れが悪かったり、不足していたりしていることが考えられます。そのため、血液を補ったり、血の流れを良くするような漢方薬を使用します。

5.色素沈着を防ぐには?

色素沈着が出来てしまった場合、ターンオーバーがしっかりしていれば自然と表皮から剥がれ落ちて行きます。そのため、皮膚のターンオーバーがスムーズに進むようにしなければなりません。外部からの刺激を少なくし、肌の細胞の新陳代謝を高めるために良い水を摂るように心掛け、食べ物に注意することが必要です。また、色素沈着をさらに増やさないように紫外線を防ぎ、なるべくストレスを感じないような生活を送れるように努めることも大切です。体内に活性酸素が作られやすいと色素沈着も出来やすくなるので、普段から抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEを含む食品を摂るようにするといいでしょう。

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~17:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.