皮膚の知識について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】皮膚の知識について

手荒れの痒み対策、ポイントは適切な保湿

手荒れがひどく、痒みをともなう場合は、知らず知らず掻きむしり、キズになることも。手荒れの痒みの多くは皮膚表面の乾燥が原因。ここでは痒みの原因である乾燥に対して、適切な保湿方法をご紹介いたします。

1.手が荒れて痒い場合のスキンケア

慢性的な手荒れは、主に手を保護する皮脂膜が水仕事などで洗い流されてしまうことが原因で、手湿疹や主婦湿疹と言われています。手の痒みは、乾燥が原因となっていることが多く、乾燥を防ぐスキンケアが必要です。

2.肌の乾燥を防ぐことが大切

肌の表面は、皮脂膜や細胞間脂質などによって、肌に水分を蓄えています。洗剤や薬剤などに触れ、皮脂膜や角層が失われた肌は水分を蓄える力が弱くなり、乾燥して痒みが起こります。保湿用クリームだけでは肌表面はしっとりとしても肌の奥は乾燥しているままなので、再び痒みが見られることがあります。クリームを塗る前のスキンケアがポイントで、適切な化粧水を利用し、皮膚表面にしっかりと水分を与えるようにしましょう。数回に分けて与えると肌の奥にも沁みこみ、乾燥を長時間防ぐことが出来ます。

肌に水分をたっぷり補って乾燥を防ぎ、かゆみが起こりにくい肌を目指しましょう。
また、痒みだけでなく、熱っぽく赤みをともなう場合は、ローション湿布がオススメです。水分を補うとともに、熱を冷ましかゆみを和らげる働きがありますので、1日に数回取り入れてみましょう。

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~17:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.