皮膚の知識について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】皮膚の知識について

手湿疹のスキンケア方法

手荒れの中でも、特に多く見受けられるのが皮膚科で手湿疹(主婦湿疹)と言われるもの。なかなか良くならない慢性の手湿疹は、どのようなスキンケアを行えば良いのでしょうか。

1.手湿疹におけるスキンケア

手湿疹では、手の表面のバリア機能が低下することから、洗剤などの刺激を受けやすくなると考えられます。そのため、荒れてしまった手や指を保護することがスキンケアのポイントになります。

2.クリームで手を保護しましょう

洗剤や薬剤によって、手を保護している脂分と角層が奪われると手湿疹が見られやすくなります。
手を保護するために、1日数回クリームを塗るようにしましょう。この場合のクリームは、合成界面活性剤などを含まない肌にやさしいものを選ぶようにします。また、清潔な木綿の手袋をして、手を刺激から防ぐことも効果的です。

3.洗剤や薬剤もチェックしてみましょう

洗剤や薬剤は、肌に刺激の少ないものに変えたり、ゴム手袋をして出来るだけ手に触れないようにしましょう。もし、洗剤や薬剤を変えられず、頻繁に手に触れてしまう場合には、原因となる洗剤や薬剤を使用後は、手に残らないようにすることです。肌にやさしい弱酸性のハンドソープなどでしっかりと洗い流し、その後にクリームで保護するようにします。

 

手湿疹のスキンケアは、洗剤や薬剤などの原因物質を取り除いた後、クリームを塗って手を刺激から守ることが大切です。

 

オススメのハンドクリーム(リスブラン化粧品)

PWSハンドクリーム:水分と脂分を補い、しっとり潤い、べたつきません。
ビューティシャンハンドクリーム:慢性的な手荒れに必須の弱酸性クリームです。
※別ウィンドウで「しおみの杜・楽天市場店」が開きます。

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~17:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.