皮膚の知識について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】皮膚の知識について

秋冬の入浴とアトピー

秋冬になり気温が下がってくると、肌の新陳代謝や発汗機能が低下してしまいます。すると、肌の中に老廃物が溜まったり、肌が乾燥したりすることからアトピー性皮膚炎が悪化しやすくなります。
ここでは、症状の悪化を予防する秋冬の入浴方法についてご説明いたします。

 

1.ぬるめのお湯にゆっくり浸かることが大切

入浴は、肌を清潔にしたり、体内機能の調節が乱れている状態を整えたり、リラックスしたりと様々な効果があります。
これらの効果は、38℃くらいのぬるめの湯に約10分程度ゆっくり入浴して身体の芯から温まることでもたらされます。
この入浴法で新陳代謝や発汗機能が活発になると、老廃物をスムーズに排泄することができ、天然のクリームと呼ばれる皮脂膜も作られやすくなり、アトピー性皮膚炎の症状の悪化を防ぐことができます。

2.熱すぎるお湯は肌の負担に

40℃を超える入浴では、身体の表面のみが熱さを感じ、身体の芯から温まってはいないため、新陳代謝や発汗機能を改善することができません。アトピー性皮膚炎の肌の方が、40℃以上の入浴を行えば、必要な皮脂やミネラル分が失われ肌へのダメージが大きくなってしまいます。

 

38℃のぬるめの湯に浸かって、アトピー性皮膚炎の悪化を防ぎましょう。
※入浴中、肌の刺激が気になる方は、リスブラン化粧品の「ノンEバスソルト」をご利用ください。

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~17:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.