食事療法について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】食事療法について

活性酸素とは?

1.活性酸素により引き起こされること

活性酸素は、ウイルスや細菌、異物などが体に侵入したときに殺菌、分解する働きがあり、余ったものは、抗酸化酵素(SOD、カタラーゼなど)により処理されます。しかし、活性酸素が過剰にあって体内での処理機能が低下すると、細胞を傷つけ、働きを悪くしてしまいます。また、アレルギー症状の悪化を引き起こしたり、リノール酸などの不飽和脂肪酸と反応して強力な過酸化脂質を作って身体を傷つけることもあります。さらにビタミンCを破壊し、シミやくすみの原因となるメラニンの量を増やします。

2.活性酸素が発生する原因

主に腸内で発生し、スポーツなどで大量に酸素を消費したときや大気汚染(喫煙、排気ガス、工場の排煙)、食品添加物の影響、アルコールの過剰摂取、紫外線や放射線を浴びたとき、ストレスなどが原因として挙げられます。

3.活性酸素を増やさないようにするには?

ビタミンC、βカロテン、カテキン、フラボノイドなどの抗酸化物質が含まれる野菜を使ったスープやみそ汁などを摂るようにしましょう。みそやしょうゆは大豆や米、麦などを煮て麹で醗酵させるため、低分子の抗酸化物質を多量に含んでいます。生活習慣では、残業や夜更かしなどに気をつけて疲労をためないようにし、ストレスを感じないような生活を心掛けましょう。また、日焼け止めを塗ったり、タバコの煙に近づかないようにしたりして、活性酸素が作られるのを防ぎましょう。

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~19:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.