食事療法について

【アトピー・脱ステロイド・スキンケア相談】食事療法について

いい食事と悪い食事(1)

1.体によい食事の摂り方

食養生の考えに身土不二と言う言葉があります。身とは体、土は環境を意味し、身土不二とは人間の健康状態とその環境とは、切っても切れない関係にあるという意味です。その土地のものは、そこに住む人を補う力を持っている料理であり、やはり和食中心の食事を心がけることが大切です。

【食事の比率】
穀類4~5割、野菜4割、動物性のもの(肉、魚介類、卵など)1~2割、食事の量は腹8分程度に。

  • 煮物や和食を中心に。より新鮮なものを摂るようにし、食物は元々「命」があったものであるので、その命に感謝して食事を行う。
  • 季節性に添った野菜をたっぷり使うこと。
  • 日中は適度にいい水を飲むように。(起床時と食事の1時間以上前)
  • 良いものだけ摂ることは難しいので、体に悪影響を及ぼす食べ物は摂りすぎないように注意しましょう。偏った食事でストレスが生じてしまうとアトピー性皮膚炎は悪化しかねません。バランスを考えて食事をし、継続していくことが大切なことです。

~植物食を中心に、胃腸に負担をかけないようにしましょう。胃腸の働きが整えば体は内側から元気になります。内側が元気になれば、免疫力も高まり健康を維持出来ます。~

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら 0120-403-870
アトピー性皮膚炎でお悩みの方へトラブル肌でお悩みの方へ

営業時間
平日 / 12:00~19:30 土曜日 / 12:00~17:00
定休日:日曜日・祝日

アトピー・脱ステロイドのご相談は漢方薬舗しおみの杜へ。

漢方薬舗しおみの杜

〒104-0061 東京都中央区銀座3-11-16 G-3銀座ビル 8F

営業時間:平日/12:00~17:30 土曜/12:00~17:00 定休日:日曜日・祝日

相談無料 お気軽にお越しください 予約・問い合わせはこちら

予約・問い合わせはこちら 0120-403-870

ご相談の手引きはこちら

Copyright (C) 2009 Shiomi-no Mori All Rights Reserved.